忍者ブログ
Admin / Write / Res
自作小説「水の車輪」の原稿置き場です。 ※未熟ではありますが著作権を放棄しておりません。著作権に関わる行為は固くお断り致します。どうぞよろしくお願い致します。
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『その赤子は生まれた瞬間より其れと分かるであろう』
それは、何世紀を経て伝えられた予言であった。

人々の間で語り継がれる双子の星を統べる者・・・【双神伝説】によりその運命を約束された王の到来。

権力拡大を狙うヘラクレイトス家に生まれたその赤子は、生まれたばかりだというのに左目の目尻に二つの黒子を有していた。

彼らはこの赤子こそ王であると考えるも、同日エリュイトス家でもまた同様の黒子を有した赤子が誕生してしまう。

それだけに終わらず翌日には更にもう一人、マジュ家に同様の赤子が生まれた。

人々の混乱と三家の争いが激化していく中で、運命の子供たちは大人たちの思惑の外、少しずつ絆を深めていく。

“もう一人”の存在を知ることもなく・・・

同じ二つの黒子を有したもう一人の少年、ドュマとの出会いが、彼らの関係を、未来を、少しずつ侵食していく・・・


『人の忘れ去りし幻の都 オケアノスに幸あれ

  人の住まいし熱の地ガイアよ 永久に不滅であれ』


『この世の全ての事象は 彼らにとればただの夢の一時でしかない』




こちらはオリジナル小説「水の車輪」の本文を保管するためのブログになります。
現在「Ourselves」という小説を連載しているので、こちらの更新は亀ペースになるかもしれませんが頑張ります。詳しくは横のバナーよりサイトでご確認ください。

ブログタイトルは「水の双子座」という感じの英語になるようにしました。
サラ=ブライトマンさんのアルバム「エデン」に収録された「ネッラ・ファンタジア」を聴いているときに、この物語で言うオケアノスの映像がふわっと浮かんできて、そこから思いついた物語です。

物語は一見ドュマたちの生きる世界の話に思えますが実はこれは「ガイア」と呼ばれる『地上』でしかなく、本来は「オケアノス」と呼ばれるひとつの大きな世界の住人の短き夢のひとときの物語でしかありません。これ以上言うともうネタバレがひどいのでやめておきますが。

それからこのお話は、「主人公が一番最後に出てくる物語にするんだ!!」という欲望を満たした作品です(笑)たまにはそういうものも書きたくなるといいますか・・・ははは。



続きに主要人物についての簡単な説明です。

ちなみにこちらの動画がこの物語のイメージソングです。




それから以下の動画の一曲目もこの物語のイメージです。二曲目は別の「影絵」のイメージです。




主人公:ドュマ=オルストロイ:
 サンディブロンドに飴色の瞳の少年。変化やごたごたを嫌う保守的な性格で、自分に分相応な生活を夢見ている。他人に干渉したり干渉されるのも嫌っているが、何故か周りに良かれ悪しかれ付きまとわてしまう人柄をしている。争い事は面倒なので大嫌いだが、飛んできた火の粉ははらう主義で、売られた喧嘩も最初は避けようとはするが避けられない事態であればぐうの音も出ないほどにめっためたにする。やたらめったら強い。身体能力が高く、動体視力もいい。キオ達に付け回されるのを嫌ってよく木の高いところに座っているが、あまりしゃべらないエンデだけは別に側にいてもいなくてもどっちでもいいらしい。声がいいのとちょっとした配慮ができてしまうのでよく女の子をキルしてしまい付きまとわれ途方に暮れては呆れた顔のキオかお祭り屋のレミオによって助けられる。属性:水

キオ=ヘラクレイトス:
 桂皮色(シナモン色)の髪に茶色の目。母親の作る帽子が好きでよくかぶっている。かなりのマザコン。天真爛漫、というのがキオを知る全員からの印象だが、実は半分以上は演技であり内心は人を見下していたりとかなり冷めている。とはいえ歳相応に無邪気な面や好奇心旺盛な面ももちろん持っている。父親に対してかなりの劣等感を抱いており(父親は温厚で家族思いの優しい人だが、父と自分がどちらが優秀かと自分から比較して物事を考えてしまう節がある)、卑屈な内面を隠している。野心家。本当は自分の心にずかずかと踏み込んでくるレミオが嫌い。属性:雷

レミオ=エリュイトス:
 ローズプラチナブロンドの髪に青緑の瞳。恐れをなすほどの自己中でかつお祭り屋さんなのでテンションが高い。凹むことも多いがすぐに前向きに戻る健気な子。滅多なことでは人を悪くは思わずありのままを受け止める。わりと甘えたがりでよくエンデに抱きついている。実は小心者でもある。ひねくれた部分(卑下した部分)と素直な部分の両方があるが、基本的に笑ってごまかしてしまう。自分に能力がないことを薄々感じていて実は怯えている。空色がとても好き。属性:風

エンデ=マジュ
 ハニーブロンドに淡い緑の目。基本的に無口でありため息が多い。面倒臭がりなところはドュマと通じるが彼と違ってずぼらなだけ。こうと決めたら動かない頑固さも持っている。平気でさらっと嘘も付くので冗談かそうでないのかわからないときがある。空想癖があり、よくぼうっとしている。邪魔をすると不機嫌になる。けれどめったに激怒することはなく、いつもムッとしながらもキオ達に付き合っている。自分の気持ちを言葉にするのは苦手。負けず嫌いで妙なこだわりがあり頑張りすぎていつも自分の首を絞める。偽物をつかまされることが多い。好きな色は赤。属性:火





『オケアノスにて』登場人物名前と国籍のみ。

オストロン   水の国
ダジエルダ   土の国
キエルトリカ  光の国
ヘミソフィア  風の国
フォレスネッサ 火の国


詳しいキャラデザはサイトをご確認ください。






 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
紺色仔扉
HP:
性別:
非公開
自己紹介:















にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いします。




バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  *Aqua Gemini* All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]